スティーブン キング 小説

スティーブン

Add: vymyv85 - Date: 2020-11-26 09:05:49 - Views: 1817 - Clicks: 7961

10位 スタンド・バイ・ミー恐怖の四季 秋冬編. 女性に人気のメロドラマ的な小説「ミザリー」の作者ポール・シェルダンは実は純文学志向の作家であり、カジュアルでメロドラマ的な内容の「ミザリー」が好きではなかった。ポールはミザリーを葬り去り、純文学の作品を執筆。ミザリーの最期の小説を上梓した後、休暇に出かけるのだが、その途中に自動車事故に遭遇してしまい、辛くも人に助けられる。 そのポールを助けた、アニーは異常なほどのミザリーマニアであり、元看護婦である。そして、精神異常者であり、殺人者でもある。 元看護婦のアニーの家に軟禁状態に置かれたポールは、発売された最新版ミザリーでミザリーが死んだことを知ったアニーの命じるがままに、虐待されつつも、ミザリーものの新作を書かされる。 てなかんじです。. 巨匠スティーブン・キングによる小説のお作法について書かれた本。 前半はキングの自伝、中盤以降から文章の書き方などに言及しているが、いまいち頭に入ってこな. キングは短編でも名手だった!まさに珠玉の作品集世界の終末を静かに綴る名編、死亡記事を書くと相手を殺せる記者の話など恐怖から爆笑まで、モンスターから抒情まで網羅する短編集。 小説 年10月07日発売 970円+税. スティーブン・キングの『小説作法』を読む。 むちゃくちゃ面白い。アマゾンでこの本のことを知ってから、 絶対これは私の好きな本だ。面白いに違いない、と思っていたが、まさ.

キングは、常に新しい恐怖を探し続けています。色んな種類の恐怖を探し続けています。これは熱狂的ファンに狙われる恐怖です。 恐怖、という単語は共通ですが、キングの作品を見るとかなり色んな種類があるんだなと考えさせられますね。まさに、ことば・単語(恐怖)だけでは伝えられないことを、物語として伝えているんだなと感心します。. スティーブン・キングはほんとにすごいホラー作品を作っていますが、ホラー以外の物語も作れるというのがすごいですよねぇ。といいましても、彼の小説を読んだことはありませんので、まずは映画「ショーシャンクの空に」の原作「刑務所のリタ. この作品、ロブ・ライナーが映画化しており、アニーを演じたキャシー・ベイツの好演もあって、映画版の方が有名じゃないかと思うんですが、映画版より断然小説の方が面白いです。 映画版では、老警官がアニーによって射殺されていますが、小説板だと、殺害された警官は若手の警官であり、殺され方も、手を芝刈り機で切断される、背中に杭を突き立てられるとかなり散々な殺され方をしてます。 あと、ポールに対する仕打ちも、映画版だと、足首をハンマーで折られていますが、小説板だと足首を斧で切断されています。しかも、親指を小さい電動のこぎりで切断されすらしてます。 さすがにビジュアル的に映画化するのは難しい感じですね。 これがあるから、アニーの異常性やクライマックスに向かう緊張感の高まりという演出ができ、そして、最期の開放感が絶大なものになるわけですが、さすがにそこまで映画では表現できなかったというか、なんというかです。. イットといえば、恐ろしいピエロというイメージが強い。 子供を襲うピエロという着想は、キングが実在の大量殺人鬼、ジョン・ウェイン・ゲイシーから得たものだそうです。ゲイシーは猟奇殺人などに興味を持っているかたはご存じのはず。ピエロの扮装でイベントなんかで子供たちの人気者のお兄さんでありながら、何十人もの少年を殺害していた殺人鬼です。 たしかに原作でもピエロの格好で子供を襲う場面はある。ただし、それはあくまでも一部であって、変幻自在にいろいろな姿で子供たちの前に現われる化け物で、原作を読んだあと蜘蛛に近いイメージで、とくにピエロの印象は強くありません。実際、昔のペーパーバック版の表紙はこんなです。 Itに強烈なピエロのイメージが定着したのは、やっぱりテレビ版のティム・カリーのおかげでしょうね。賛否両論ありますが、少なくともティム・カリー演じるピエロの恐ろしさはだれもが認めるところだと思います。 映画データベースサイトで映画版のトリビア、小ネタがでてたので、それを下で紹介してます。けっこう面白かったので、よかったらみてみてください。. そのスティーヴン・キングがこれから小説家を目指す人に向けて、成功するために何を知っておかなければならないかという12のノウハウを伝授. いかがでしたでしょうか。キングは他にも、『キャリー』、『呪われた町』、『 ザ・スタンド』、『デッドゾーン』、『クージョ』、『ダーク・タワーシリーズ』『クリスティーン』、『タリスマン』、『人狼の四季』、『ドラゴンの眼』、『トミーノッカーズ』、『ダーク・ハーフ』、『ニードフル・シングス』、『ジェラルドのゲーム』、『ドロレス・クレイボーン』、『不眠症 』、『ローズ・マダー』、『デスペレーション』、『骨の袋』、『トム・ゴードンに恋した少女』、『アトランティスのこころ』、『ライディング・ザ・ブレット』、『ブラックハウス』、『回想のビュイック』、『コロラド・キッド』、『セル』、『リーシーの物語』、『悪霊の島』などなど、むちゃくちゃたくさん長編を書いていて多作です。 私も全部は読破できていませんが、これを気にチェックしてみてください! あわせて読みたい cass-9999. スティーブン・キングに関する書籍一覧; 外部リンク. あと、この小説で好きなのは、ホラー小説ではあるけれど、青春小説でもある、という点で、印象的な主人公たちが登場する、陰影のある子供時代を描いた小説としても楽しめる。 主人公たちはみんないじめられっ子だったり、のけ者にされていた子供で、みな愛おしい。弟を亡くしたビル・デンブロウ。精気が抜けたようなまともに会話もしてくれない父親とのやりとりが痛ましい。ふとっちょのベンはいつも仲間はずれで、「孤独って何のこと?」最初からのけ者だった彼には、孤独の意味がわからない。エディーはやせっぽちの喘息持ちで、その喘息が実は思いこみによるものかも知れないのに、それに気づけない。ベヴァリーは活発なように見える女の子だけど、家では父親に虐待されている。マイクは、黒人。1950年代ではそれだけでもイジメの対象になりえたのかも。 こういう子供たちが集まって、「負け犬クラブ」を結成する。やがていじめられっこ同士という縁が、絆に変わっていく。 いじめられっ子がいるということは、当然いじめっ子もいるんだけど、こっちも結構個性的なアホや不良がいて面白い。キングだし、子供向けの本じゃないので、下品な場面や暴力的な場面も多いけれど、この不良側のアブなさもなかなかおもしろい。 イットという怪物がでてくるお話なんだけど、こうして思い起こしてみると化け物抜きでも十分面白い小説になりそうな気がする。まあ、それが「スタンド・バイ・ミー」なのかな、とは思うんだけど。 子供時代に撃退したイットが、なんでまた出てきたのか。成長した子供たちが再開するのも、その変貌ぶりが面白い。ふとっちょのベンはスリムになって、成功した建築家になっている。かれが痩せたエピソードも面白く読める。ビルは作家。エディーはリムジン配車会社を起ち上げて成功。リッチーは売れっ子コメディアン。ベヴァリーは・・・DV夫から逃れようとしている。 全員がだいたい成功していて、全員、子供がいないのは、イットの呪い?がまだ残っている証拠。この辺、超自然的なところが臆面もなくでてくるのもキングならでは。理屈とかじゃなくて、ベンには子供の頃から建築の才能があったり。 しかし、イットの再来に耐えられず、仲間の一人は再開前に自ら命を絶つ。かつての負け犬クラブ、最初から一人欠けている状況でイットに立ち向かえるのか。こういうふうに、万全な状態から少し何かがずれていく、その.

- 文学・小説 締切済 - /01/03 | 教えて!goo. See full list on osudame. 彼の作品は多くの作品が映像化され、それぞれ賛否はあるものの、大ヒットしています。 日本でも原作がマンガの映画が昨今たくさん出てきますが、常に叩かれてますよね。年 だけでもかなりたくさんの数の作品が上映されました。松井優征が原作の『暗殺教室』、岩明均 『寄生獣』、諫山創『進撃の巨人』、和久井健『新宿スワン』大場つぐみ・小畑健コンビの『バクマン。』などなど。どれも原作ファンから容赦ない罵声を浴びていました。 『海街diary』は、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、例外的に良い評判を得ました(監督・脚本は是枝裕和。出演は4姉妹を演じた綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、相当豪華でしたね)。ですが他の作品は興行的売れていたとしても、批評的には全滅だっだのではないでしょうか。(もしくは興行失敗・・・) 前置きが長くなりましたが、何故スティーブンキング原作の映画やドラマは売れるのでしょうか。私は、描写の妙だと思います。過剰で、時には冗長なまでの細部の描写、そして固有名詞の数々がとてつもなくおもしろい!その描写が、映像とうまくマッチしやすいのだと思います。映像化する方は楽しいと思いますよ。 自分自身で、『マクドナルドのバーガーとフレンチフライのビッグサイズほどの価値しか』と言うほど、文学的自己評価が低いのですが、世界の誰も真似できないほどの筆力だと思います。 彼の作品は素っ頓狂な作品が多いです。超能力を持つ男や、殺人ウィルスの話などなど、リアリティに乏しいものが多いのです。ただ、それをリアルに感じさせる、畳み掛けるような緻密な描写がものすごいのです。.

スティーブン・キング初のミステリ!ということで、話題になりました。でもまぁ、正直、キングならそりゃあなんでも書けるでしょ、って感じではある。笑 そして普通におもしろい。キングの古参ファンは絶対に読むべき。 でも、このランキングは未読者向けにも書いているので、オススメとしてはやっぱり他のを上位に置かせてほしい。. 2追記 知っている人がほとんどだと思いますが、『スタンドバイミー』『ショーシャンクの空に』『シャイニング』『グリーンマイル』の原作者です。主戦場はホラーですが、映画化されたものにはヒューマンドラマなども多いですね。 稀代のストーリーテラーとして活躍中で、世界一読まれる小説家といっても過言ではないのではないでしょうか。日本の作家、芸術家にも多く影響を与えています。『クロスファイヤ』『火車』宮部みゆきや『ジョジョの奇妙な冒険』荒木飛呂彦なんかもそうですね。2人の作品ともに、緻密な描写から来る恐怖が描かれています。その本家がスティーブンキングです。彼が『モダン・ホラー』というジャンルを編み出したと言われています。. スティーブン・キングの長編の中でもかなりの長さで(文庫で4冊)、代表作の部類に入る。映画の宣伝では「キングの最恐小説」と表現されていたが、個人的には最強小説だと思う。 キングの小説はその書き込みの濃さが常々評判になっていたけれど、実際には割とあっさりした文章のものも少なくない。ただ、「イット」前後の小説は間違いなく濃くて、その中でも一番の筆力を感じさせるのが「イット」だと思う。濃密、豊饒、圧倒的・・・ お話は巨悪vs善、という割とよくみるパターン。 物語の大筋は、悪が現われて、主人公たちが力を合わせてそれを撃退する、というもので、王道の長編のパターンに当てはまると思う。キングの「呪われた町」ストラウブの「ゴースト・ストーリー」「フローティング・ドラゴン」ディーン・クーンツの小説とか。. Amazonでスティーヴン・キング, Stephen King, 池 央耿の小説作法。アマゾンならポイント還元本が多数。スティーヴン・キング, Stephen King, 池 央耿作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. See full list on quercuswell. スティーヴン・キングのプロフィール・メンバー情報、ディスコグラフィーや出演作品。1947年生まれ。幼い頃に父と別れ、貧しい生活の中で育つ。少年時代より恐怖小説に耽り、大学1年のとき初めて作品を発表した。自活して大学を卒業、高校教師となるが、その後もボイラーマンの. スティーブン・キングと言えば、どちらかというと超常的な何かに対する恐怖を描いていますが、この作品は「日常に潜む恐怖」を描いています。それだからこそ、本当の恐ろしさがあるわけです。 超常的な何かは、その何かを信じるか否かによって、喜劇にもなってしまう危険をはらんでいるわけで、「日常に潜む恐怖」に焦点を当てたキングの着眼点は素晴らしいと思うわけです。 そして、この作品で舌を巻くのは、この小説が、ほとんど、アニーの家の、しかもほとんど一室を舞台に書かれていることです。この作品は文庫版でも500ページもあります。 ミザリーという小説の中に、もう一つのミザリーという小説も書かれているので、少しかさ増しされていると考えることもできるんですが、部屋の一室を舞台にして、この量を書き、しかも中だるみをさせることなくぐいぐい読者を引き込んでいくキングのストーリーテリングの巧妙さに本当に驚愕させられます。 読み進めれば読み進めるほど、「一体次はどうなるんだろう」という思いから、読むのが止まらなくなります。 そして、ポールの絶望・身体的な苦痛・精神的な苦痛・感情などをリアルに感じることができ、感情移入すらさせる話の展開には目を見張るものがあります。 あと、この小説、翻訳も上手い。 矢野浩三郎氏の翻訳がテンポ良く、次から次へと読めてしまいます。 原書を読んだことがないので、どの程度まで意訳されているかわからないのですが、かなり素晴らしい訳で、全く違和感を感じさせません。 この手の翻訳って、たまに本当に原本ではこう書かれていたのか?と疑問に思うところがあるんですが、それを全く感じさせません。おそらくかなり勢いがあるため、いちいちそれを感じさせない圧倒的さがあるんですよね。 いろんなキング作品を読みましたが、この作品が最高傑作だと思います。 是非オススメしたい作品です。 あ、痛いのが苦手な人はやめたほうが良いです。 かなりリアルにポールの苦痛が伝わってきますので。. キングの「イット」が迫力を感じさせるのは、イットとの対決が子供時代、大人時代の2回もあるというだけでなく、それが全編、後編ときっちり区別されてるんじゃなくて、ほぼ同時進行ぎみに描かれる点にあるのかな。さらに後半になると細かい場面転換がしばしば入ってよりスピード感を感じさせる。 さらに、デリーに起きた細かな災厄が挿話という形でばんばん挿入される。それも結構な量。それに物語の細部がほんと、ほとんど本筋を阻害しないか心配なくらいの分量で展開されていってしまう。例えば冒頭の、お祭りで殺されたゲイの話とか。ここはイットが再び現われたことと、デリーという町の異常さが分かるくだりになっているんだけど、そういういろんな細かい箇所が全編淀みない語り口で蕩々と語られて、とにかくキングがノリにノって書いているのが感じられる。このころ、クスリと酒におぼれていたんだっけ。 創作活動とクスリとの間にはどうも関連がありそう、と思いがちだが、これはキング自身が明確に否定している。断酒、ヤク断ち後のキングがアル中時代の思い出話を書いたときの淀みない語り口を読めば、キングの文章にはクスリなんて必要ないのがよくわかる。 それはともかく、そんなこんなでどんどん本も分厚くなっていくんだけど、全編肥大化気味でありながら、頭でっかちとか、画竜点睛を欠く、ということがなく、全体がみっちり詰まった状態でバランスがとれていて、そうなると厚み自体にも迫力がある。「スタンド」のペーパーバックは1400ページ超だったけど、「It」も1100ページ。 長さや時系列入り乱れる展開は好みが分かれるかもしれないが、個人的には、大きな物語にたっぷり浸った感じがして、いかにも大作という感じで気に入っている。.

スティーブン キング 小説 1990年、年、年に映画化されて話題となったホラー映画『IT“それ”が見えたら、終わり』。その原作は、ホラー小説を得意とするスティーヴンキングの小説『IT』です。小さな村を舞台に、7人の子供達に迫るピエロ・ペニーワイズの恐怖を描いた本作は、多くの人を怯えさせました。 今回. 11位 ミスター・メルセデス. 著者「スティーヴン・キング」の新刊情報です。スティーヴン・キングのおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマン.

ほとんどの著作が映画化、ドラマ化される巨匠スティーヴン・キング。映画原作のキングです。 そんな「キング・オブ・モダンホラー」の作品の中から長編(中篇)に限定したものを ランキング形式で紹介します。. 英TotalFilm誌が、モダンホラーの巨匠スティーブン・キング原作の映画およびテレビドラマ50作品をランキングした。多作なキングの小説を原作と. ホラー小説の巨匠、スティーブン・キングの小説を読んだ簡単な書評と、おすすめランキング。 年booth販売しているもの一覧(期間限定作品含む) プライバシーポリシー~当サイト【Yesterday&To】について~. スティーヴン・キングのおすすめ小説3 デスペレーション ネバダ州の砂漠を横切る道路で次々に旅行者が一人の警官に連れ去られていく。 彼らが運ばれたのは、警官の手によって住民のほとんどを殺された鉱山の町、デスペレーションだった。. スティーブン・キングの小説であるジョウントではジョウント時に死刑囚や主人公の息子のリッキーが永遠に近い時間を過ごしましたが、ジョウントでは死刑囚とリッキーはどれ位の長さを経験したと思いますか? 千年、万年以上は確実に行っていると思いますが。リッキーは発狂後も自分の. スティーヴン・キング スティーブン キング 小説 著/風間賢二 訳「ダークタワー」シリーズ特設サイト。「ダークタワー」7ヶ月連続刊行決定!スティーヴン・キングの最高傑作、キングのすべての物語は「ダークタワー」につながる。.

風間賢二『スティーヴン・キング-恐怖の愉しみ』、筑摩書房、1996年11月 isbn; スティーヴン・キング『小説作法』、アーティストハウス、年 isbn; 関連項目. 後半、少年たちが洞窟だったかでインディアンの儀式を真似て幻覚を見る、という場面がある。その儀式を通じてイットの正体を垣間見ることができ、大事な場面だったんだけど、子供たちが麻薬を吸う、という場面なので、世の良識あるおとな達の非難を浴びたであろうことは想像に難くない。 スティーブン キング 小説 しかしそれよりも衝撃的で、かならず話題に上る箇所が、後半にあるチュードの儀式。どういう場面かはちょっと調べれば分かるけど、このシーンはテレビドラマ版でもカットされていたし、映画版にも登場しない。倫理的に難しいと思う。 スティーブン キング 小説 追記:すみません、この場面は勘違いでした。チュードの儀式=イットと対決する際に行われるもので、問題の箇所はその後、地下道で迷った主人公たちが心をつなぎ合わせるために行うのでした。 映画版の監督のインタビューでは、もともと監督予定だったケリー・フクナガの脚本の時点でそのシーンはなかったし、物語上も映画には不必要な場面、という判断だったそう。 「It(イット)」は多彩なエピソードの底流に猥雑とも思えるパワーが満ちていると思うんだけど、死と性の話題もふんだんに出てくる。ただ、このチュードの儀式の場面はエロいものではないし、性的なものは感じられない。負け犬クラブの結束を強める儀式だな、という印象。 だからこそ、大人になってさっそく一人が脱落してしまうのにショックを覚える。. スティーブン キング 小説 スティーヴン キング 出版日. スティーヴン・キング 風間賢二. 私が愛してやまないスティーブン・キング原作の『ミスト』っていう映画があるんです。 簡単にいうと、とつぜん街が「霧」に覆われてとにかく大変なことになる、ってお話です。 有名な映画なので見た方も多いかと思います。 確かに映画. スティーブン・キング一家ではテープで本の読み聞かせを行う以外にも、夕食後には家族全員で交代交代にホビットの冒険やナルニア国物語など.

スティーブンキングのIT小説よまれたかた、もしくはファンの方。お願い。どきどきしつつ読破しました。評判悪いですが今度DVDもみてみます。 読み終えていくつか疑問愚問がわきました。下記につきおしえていただけますか。または想像でも。・ITででてくる亀、なぜ亀なのでしょう?英語圏. 子供の頃からスティーヴンキングが大好きであり、キングの作品は片っ端から読んできた。三度の飯よりキング好きなのだ。 そして出来上がったのが〈スティーヴン・キングのおすすめ名作小説ランキング10選〉である。 おすすめ作品ラン. 名作映画にもなった『スタンド・バイ・ミー』収録の一冊。初代ポケモンでもこれを連想させる表現が出てきます。マサラタウンの主人公の家ですね。 いいですね。これだけで旅立ちを想起させますね。 スタンドバイミーは少年の旅の物語です。旅立つ前と、帰還後には、全てが変わってしまっている。誰もが経験した少年時代の変化が描かれています。ストーリーテリングの基本原則である、旅立ち(物語)の前後で主人公(たち)に決定的な変化がなくてはならない。というのを忠実に見て取れる名作です。 また単純に、ホラーだけではない、キングの筆力で画が脳に浮かぶような描写が楽しめる一作です。.

See full list on zakkanberg. 9位 ミザリー. スティーヴン・キング作品一覧(おすすめランキング順)と新刊情報。スティーヴン・キング おすすめミステリ小説:IT(イット. スティーブン・キングについては小説を読まなくても、作品が映画化されまくっているので知っている人は多いのではないでしょうか。 最近だと「it」(年公開)ですね。. 結城浩さんの記事を読んで、スティーヴン・キングの『小説作法』を読んだ。 文章について多くのことを学んだが、絶版なのが惜しい。 あと、キングを紹介しているのか結城浩を紹介しているのか、わからなくなってきたのは内緒。. スティーブン・キング「スタンド・バイ・ミー」溺れた者と溺れなかった者 羊男子 年4月19日 / 年10月16日 「スタンド・バイ・ミー」と言えば、夏の冒険旅行に出かけた無邪気な少年たちの成長物語。. 個人的には、「フローティング・ドラゴン」に何となく似てるなあという気がする。「イット」ではデリーという町が舞台で、そこに周期的に訪れる何かのせいで、その町そのものが邪悪な雰囲気になっている。それから、主人公たちは少年時代に一度悪と対峙し、大人になってから再び悪に立ち向かう。このへんが全部「フローティング・ドラゴン」と一緒。こっちも、舞台となるハムステッドという町にアメリカ開拓時代から悪が棲み着いて、定期的に人の姿を借りて現われる、ということだったし、主人公たちは大人たち+少年だけど、大人たちは以前にハムステッドにいたりして、関わっていたことがある。 ピーター・ストラウブの小説の多くが、過去の因縁が現在に作用する、という要素を持っているので、そういう意味では過去と現在のつながりを描いたものはみなストラウブ的要素を含むと強弁もできるんだけど、「イット」と「フローティング・ドラゴン」は大枠で似ている気がするんだよなあ。ちなみに実際に読んだ際の印象は全然似ていなし、パクリとかそういう話ではありません。 フローティング・ドラゴンに興味を持たれたかたは、以下もお読み下さい。.

”The Outsider”というキングの小説を読みました。この本、年12月現在まだ翻訳出てないみたいだけどもうアメリカでドラマ化されてる。最近のキングブームぶりはすごいものがあります。結論から言うととてもおもしろいお話でした。そん. See full list on roopunomukou. 原書はカービー・マッコーリーの編纂になるホラー小説集 Dark Forces とキングの短編集 Skeleton Crew に収録され、前者は1982年に『闇の展覧会』という邦題でハヤカワ文庫から2分冊で出版され、年に新装版で『闇の展覧会 敵』『- 罠』『- 霧』の3分冊で復刊. シャイニング(スティーブン・キング)がイラスト付きでわかる! シャイニングとは、スティーブン・キング原作小説であり、1980年にスタンリー・キューブリックが映画化した。 概要 1977年、スティーブン・キングによって発表された3作目の長編小説。. Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス.

スティーブン キング 小説

email: migiwo@gmail.com - phone:(990) 725-3825 x 1161

Deep love アユ の 物語 -

-> 逃げる は はじ だが 役に立つ ツイッター
-> ワールド イズ ノット イナフ 意味

スティーブン キング 小説 - カンタービレ


Sitemap 1

Gantz cg アニメ - イースト